審査に通らない理由

お金を借り入れしたいと思って、審査の申し込みをして審査に落ちてしまう人は、必ず理由と原因があります。他社からの借り入れ状況や、過去に返済を滞納してしまったなどの金融事故。そういった物が原因となり、お金を借り入れすることができない状態になることもあります。過去に返済を滞納してしまうと、その履歴は何年も残りますので、今後も利用していくことを考えるなら、しっかり返済していくことが重要になります。

 

審査基準

消費者金融が審査で重視するポイントは、返済能力の有無、借り入れ履歴、総量規制に引っかからないかです。返済能力は、仕事の勤続年数やちゃんとした会社なのか、また過去の借り入れ履歴にも触れますが、他社からの借り入れ状況などを審査します。勤続年数が短い場合や仕事を転々としている人は、社会的信用度が低いと判断され、審査がマイナス方向に向くこともあります。

 

借り入れ履歴では、過去に返済を滞納したり、自己破産をしているかなどを審査し、お金を貸してもきちんと返済してもらえるかどうかを審査します。過去に返済を滞納したりしていると、審査に悪影響がでます。最後の総量規制とは、他社も含み、年収の3分の1を超える貸し付けはできませんという物です。

 

借りに年収が100万円だったら30万円を超える貸し付けをすることはできないということですので、自分の総量を確認しておくといいでしょう。

 

審査に落ちた理由がわからないので、審査は不透明と感じる方もいると思います。ですが、審査にはポイントがありますので、しっかりポイントを抑えることで、審査が通りやすくなりますので、審査に申し込みをする前に審査を通りやすくする努力をするといいと思います。